四丁目の記憶(仮題)

衣・食・住についての、ただの日記。

アノネイ社のボカルーは雨シミが付きやすい

 ワタシが所有するシェットランドフォックスのインバネスのアッパーはアノネイ社のボカルーと言われている。この革は、皺の入り方が本当に綺麗で、大のお気に入りです。具体的には、細かなシワが入るだけで大きなシワが入りにくい。深いシワが入ってしまうと、どうしてもくたびれた印象が出てしまうけど、そういったことがなく何年か履いても綺麗な状態を保ちやすい。そして手入れをした後の、モチっとした革質を見るたびに、「いい革だよな〜。」と思わせてくれる。

 手入れも通常のものでなんの問題もない。ワタシの場合は、光沢が弱くなってきたなというところで、ザッとクリーナーでキレイにした後に、デリケートクリームとクレムを塗って、ブラッシングするだけ。これだけで見違えるように綺麗に光りだす。

 最初は、こだわってトウをピカピカに鏡面磨きしてたけど、最近はクドく感じてきて、クレムだけのナチュラルな仕上がりを楽しんでます。単純に面倒くさいと言うのもありますが(笑)

 ちなみにクロケット&ジョーンズの革が何処のものかは分からないのだけど、同じ手入れの仕方をしても、クロケットはピカピカ光るのに対して、アノネイのボカルーはしっかり光るのだけど、あくまで自然な光り方をするように感じていて、ビジネスで履くには好感が持てると思う。

 そんなお気に入りのアノネイのボカルーなのだけど、一つだけ難点がある。それは雨シミに非常に弱いということ。買った当初は、雨水が数滴ついただけで、そこがシミになってスゴく焦ったのを覚えている。クリームを何度か塗って落ち着いてきた今でも、やはり雨には弱く、水滴が付いた状態が少し経つと結構目立つシミが出来てしまう。まぁ、手入れすれば、すぐにキレイに戻るので良いのだけど、一寸だけ手間が掛かる。

 先日、雨の中を少し歩いた時も、やはりシミが出来てしまった。こんな感じで、歩くと水が跳ね上がりやすいトウを中心に、結構目立つシミが出来てしまっている。


f:id:akamira:20190902120910j:image

 

 ということで、久しぶりに手入れをしてみました。雨シミ自体は、クリーナーでサッと拭いてやるだけで無くなります。仕上げにクレムを塗って、豚毛ブラシでブラッシングした後、最後に山羊毛のブラシで仕上げてやりました。山羊毛のブラシは、よく光ると聞いたので買ってみたのですが、今のところあまり光りません(笑)豚毛ブラシだけでも、十分かと思います。ただ、暫く使っていると、よく光るようになるとも聞くので、もう少し使い続けてみようと思います。

 手入れ後。もう雨シミは見えません。
f:id:akamira:20190902120956j:image

 クロケット&ジョーンズも一緒に磨きました。左がクロケットで、右がシェットランドフォックスです。光り方、全然違いますよね?みなさんは、どちらの光り方が好きですか?
f:id:akamira:20190902121145j:image

 っで、結局何が言いたかったかと言うと、アノネイのボカルーの革質は最高だけど、ちょびっとだけ雨に弱いので小まめに手入れしてあげましょうねと言うことです。これからアノネイのボカルーを買おうと思っている人の参考になれば幸いです。ではまた。